2010年07月05日

SAP NetWeaverとは

SAPを扱っていると必ず見かけるのが NetWeaver という名称です。NetWeaver の名称がつくものに関しては、全て「統合」が関係していると思うと理解が早いです。

NetWeaverでは統合を4区分で考えています。
 ・人の統合(SAP NetWeaver Portal)
 ・情報の統合(SAP NetWeaver Business Intelligence)
 ・プロセスの統合(SAP NetWeaver Process Integration)
 ・アプリケーションプラットフォーム(SAP NetWeaver Application Server)

なお、元々技術基盤(ミドルウェア部分、と言えばよいでしょうか)はBasisと呼ばれていましたが、各アプリケーションの技術基盤を統合している、という考えをもって「SAP NetWeaver」の冠が付くようになりました。


ちなみにNetWeaverはNetとWeaverからなる造語で、ネットワークを編む人、という意味だそうです。


参考URL:クラウス・アナカーのSAP Labs U.S.レポート


 
 
 
 





タグ:SAP NetWeaver
posted by tate at 16:52 | Comment(0) | SAP入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。